麻雀・RMUリーグ第3節 岡澤は首位キープ

 麻雀プロ団体「RMU」のトップリーグ戦「RMUリーグ」の第3節が6月24日、スリアロチャンネルで放送され、岡澤和洋が前節からの首位をキープした。

 今節はトップの岡澤が抜け番で、その他5人での勝負になったが、河野高志が好調で2着3回、トップ1回で59.1ポイントを獲得。マイナス域からプラス域に、順位も3位まで浮上した。「最後の半荘が、今年のRMU公式戦で初トップでした。このままトップが取れないんじゃないかと不安になったりもしましたけど、これでフラットな気持ちで打てるようになりそうです」と胸をなでおろしていた。第3節終了時の成績は以下のとおり。

 1位 岡澤和洋+89.4 2位 多井隆晴+44.4 3位 河野高志+13.2 4位 阿部孝則▲7.5 5位 松ヶ瀬隆弥▲19.4 6位 谷井茂文▲121.1

 ◆RMUリーグ RMUリーグ所属のトッププロ6人によるリーグ戦。年間11節、1人最大40半荘を戦い、最もポイントの高かった選手がその年のRMUリーグチャンピオンとなる。

(C)麻雀スリアロチャンネル ※画像はFRESH!から

▶視聴はこちらから



【麻雀】第9期RMUリーグ第3節 | FRESH!(フレッシュ) – 生放送がログイン不要・高画質で見放題

【RMUリーグとは】
S級ライセンスもしくはR1で優勝したA級ライセンス、
またはクライマックスリーグで優勝したB級ライセンスのみが所属することができるプロリーグ。

【第9期の規定】
年間11節最大40半荘を行う。
第9期は6人打ちのため、第1節~第6節までは各節1人が抜け節となり、残り5人で抜け番制の5回戦を行う。
第7節は2人ずつ抜け番の6人打ちで6回戦行い、終了時に下位1名が脱落。
第8節は5人打ちで5回戦を行い、終了時に下位1名が脱落。
9~11節は上位4名にて、各節4回戦を行う。

【対局者】
阿部孝則(S級ライセンス)
松ヶ瀬隆弥(B級ライセンス)
谷井茂文(A級ライセンス)
河野高志(S級ライセンス)
多井隆晴(SS級ライセンス)
岡澤和洋(A級ライセンス)

【解説】
古久根英孝(ゲスト解説)
宮本卓

【実況】
安達瑠理華
夏目智依

※2半荘目の東1局までは無料でご覧いただけます。以降は「麻雀スリアロチャンネル」会員様限定放送となります。
全編視聴するためには、チャンネルへのご入会が必要です。

RMU公式ホームページ
http://www.rmu.jp/web/index.php


Source: AbemaTIMES