女優が語る「一番大事なのは自分がどう扱われたいか」(日経ウーマンオンライン(日経ウーマン))

グッチなどを擁するグローバル・ラグジュアリー・グループ「Kering(ケリング)」が、カンヌ国際映画祭との公式パートナーシップの一環として、2014年に立ち上げた「Women in Motion」。映画業界の女性の地位向上を目指すこのプログラムでは、映画祭期間中に女優たちによる本音のトークパネルも開催され、2017年は女優、ダイアン・クルーガーが登壇。私たちと同じく働く女性として、彼女が訴えたこととは?

【関連画像】女優サルマ・ハエック=ピノー(写真右)も、パワフルなフェミニズム論を展開。(c)Venturelli/Getty Images for Kering

●「男すぎる」映画業界で、増えない女性スタッフと縮まらない賃金格差

 2017年のカンヌ国際映画祭に赴いた河瀬直美監督が、かつてともに審査員を務めたニコール・キッドマンと久々に再会したときのこと。彼女が開口一番にこう言ったという。

 「今年のコンペティション部門で、女性監督の作品は何本だった?」

 結論からいえば、コンペ部門19本のうち、女性監督作品はたったの3本。70回を迎えた歴史の中で、最高賞であるパルムドールを受賞した女性監督は、ひとりしかいない。昨年、一昨年と米国アカデミー賞の候補者が白人だらけであることから「白すぎるオスカー」と話題になったが、それ以上に映画業界全体が「男すぎる」のは明白な事実だ。

 近年では出演料の格差にも、多くの女優たちが声を上げている。『イングロリアス・バスターズ』など数々のハリウッド作品で活躍、最新作の『In the Fade』では祖国ドイツの映画に初出演し、2017年のカンヌ国際映画祭で主演女優賞を獲得した女優、ダイアン・クルーガーは語る。