私たちが「スッキリ!!」の加藤浩次に引かれる理由(日経ウーマンオンライン(日経ウーマン))

暴れん坊のイメージが強かった加藤浩次さんですが、朝の情報番組 「スッキリ!!」の司会に抜てきされてからは、すっかり「朝の顔」となりました。加藤さんの好感度の理由は、一体何なのでしょうか? お笑い評論家のラリー遠田さんがズバリ解説します。

【関連画像】毎朝新聞各紙には目を通しているそう (C)PIXTA

 朝・昼の情報番組、ワイドショー番組の司会をお笑い芸人が務めるのは、今では珍しいことではなくなりました。「ノンストップ!」の設楽統さん、「ヒルナンデス!」の南原清隆さん、「ひるおび!」の恵俊彰さんなど、主婦層にも好かれる清潔さのあるタイプの中堅芸人が名を連ねています。

 そんな芸人MCの先駆けとも言える存在が、「スッキリ!!」の加藤浩次さんです。2006年にこの番組が始まって以来、脇に座るサブMCは何度か代替わりしていますが、加藤さんはずっと変わらずMCを務めています。

 司会者としての加藤さんはバランス感覚に優れています。基本的には、他のコメンテーターの意見を引き出しながら進行に徹しているのですが、無難にまとめるだけにとどまらず、程よく自分の意見を挟んだり、笑えることを言って場を和ませたりすることもあります。その人間味にあふれた司会ぶりには根強い人気があります。

 しかし、この番組が始まった頃の加藤さんには「朝の顔」を務めるようなイメージは全くありませんでした。山本圭壱さんとの「極楽とんぼ」というコンビで活動していた加藤さんは、暴力的で荒々しい芸風で知られていて、「狂犬」と呼ばれていました。