「計算高い女」嫌いな人が知るべき 人生楽しむ処世術(日経ウーマンオンライン(日経ウーマン))

要領よく人と付き合う人は悪く言われがちですが、もしかするとそのお陰で誰もが幸せになっているのかも?と考えさせられます。

【関連画像】これ、一度されてみたいやつです (C) 2017「民生ボーイと狂わせガール」製作委員会

 映画ライターのゆうせいです。誰に対しても態度を変えない人がいれば、人によって態度をコロコロ変える人もいます。どうすれば嫌われないかを計算し、相手が望んでいることを理解し、多少は自分(自我)を殺したとしてもそれに応える。

 いわゆる八方美人といわれる生き方ですが、そんな人をどう思いますか?

 本日ご紹介する映画「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」は、八方美人=悪ではなく、むしろ、もしかすると周りの人間と自分を幸せにしているのかも?と考えさせられる作品です。

【ストーリー】
奥田民生を崇拝する33歳、コーロキ(妻夫木聡)。おしゃれライフスタイル雑誌編集部に異動になったコーロキは、慣れない高度な会話に四苦八苦しながらも次第におしゃれピープルになじみ奥田民生みたいな編集者になると決意する。そんなとき、仕事で出会ったファッションプレスの美女、天海あかり(水原希子)に一目ぼれ。その出会いがコーロキにとって地獄の始まりとなるのだった……。

●相手が喜ぶことをするのは自分のため

 そもそも人によって態度を変えるのはなぜでしょうか? その人によく思われたいからですよね。誰しも、嫌われるよりは好かれたいはず。

 では、よく思われるためにする行動は「偽り」、つまり「嘘の自分」かというと、そうとも言い切れません。たとえ偽りの行動を取ったり、嘘をついてしまったとしても、それも全部ひっくるめたのが自分だからです。

 そのときに自分を偽ったほうがうまくいくと判断したからそう行動したわけで、演じることを選択したのは紛れもなく自分です。

 でも自分を偽る行動をしてしまうと、後からそれを悔やみ、なんて自分はちっぽけなんだ! と思ってしまうこともありますよね。