1パーツ3分つまむだけメソッドで憧れのヤセ体質に(日経ウーマンオンライン(日経ヘルス))

脂肪を早くとるには、ぐいぐい強くもむマッサージが必要と思っていませんか? 実は、皮膚をやさしくつまむだけでやせ体質になれる画期的なメソッドがありました!血流や代謝が高まって、やせ体質になれます。

【関連画像】肩に、つまんで引っ張る「整膚」を1分間行い、皮膚温度の変化をサーモグラフィーで測定。

* * * * *

 ふんわりつまむだけで脂肪が燃えやすくなる、この「つまむだけ」メソッド。1992年に名古屋の整膚(せいふ)学園の徐堅(じょけん)学長が確立した「整膚学」に基づく。「皮膚は、つまんで引っ張ると血流が良くなり、老廃物の排出が促されたり、脂肪が燃焼しやすくなったりすることがわかってきた」と、同学園教務部長の蔡晶(さいしょう)さん。

 医療の現場でも注目されている。「血液の循環が良くなって凝り固まった筋肉が柔らかくなることが、患者への施術で確認されている。また、腹部をつまむことで腸の働きが活発になるため、便通も良くなる」(小児科医の柳田喜美子さん)。

 コツはやさしくつまむこと。「筋肉は、痛みが出るほど強い刺激を受けると、毛細血管が損傷し、血流を滞らせる一因になる」(柳田さん)。心地よさを感じながら行うと副交感神経が優位になり、自律神経のバランスも整うという。1日2回、気になる部分を中心につまもう。

<つまむだけダイエットでやせる理由>
最大の効果は、血流の改善。酸素や栄養が全身の細胞に行き渡り、老廃物の排出が促進されて、代謝が高まる。硬くなった皮膚やその下の筋肉も毎日つまむことで柔らかくなり、引き締まりやすくなる。内臓の働きも活発になり、脂肪の燃焼も促進される。

●1. やさしくつまむと血流がアップ

「皮膚をやさしくつまんで引っ張ると、細胞に酸素や栄養を運ぶ動脈が拡張し、毛細血管に血液が流れ込む」(蔡さん)。皮膚を元に戻すと、リンパ液などの組織液が毛細血管や静脈に戻り、老廃物の排出もスムーズになる。「末端まで、全身の血液循環が促されて代謝も良くなる」(柳田さん)。

●2. 皮膚の弾力が回復。脂肪も燃焼しやすくなる