ちょ…なにそれっ!? 「エッチ中に一気に冷めた」彼の行動3つ

『Menjoy!』読者のみなさんは、彼との気持ちのいいエッチの最中、気分を害して相手の気持ちを急に冷めさせはしないかと、色々なことに気を配っていることと思います。ですがどんなにあなたが頑張ろうとも、相手の行動一つであなたの方の気分が冷めて、「今日はもうやめにしよ」なんてことも残念ながら起こり得ます。実際にはどんなことで冷めちゃう人がいるのでしょうか?

1:脇を舐め始めた!

「彼との初エッチですごく緊張してて、お互いにちょっとぎこちない感じだったんですけど、ホテルに入ってシャワーを浴びて、服を脱ぐところまではうまくいったんです。このまま最後まで大丈夫そうだなって思った瞬間、彼がいきなり脇を舐め始めて……」(Mさん/29歳)

ーーええっ! 脇を!?

「驚いて“何!?”って言ったら、彼は当然のような顔をして“え? 脇舐めるの好きだから”って……。正直脇とかってムダ毛の処理とかですごく気をつかっている部分だから、なるべくなら見ないでスルーして欲しいのに。もうそこから気が気じゃなくて全然エッチを楽しめませんでした」

ーー彼にとってはいつものことだったんでしょうか?

「そうみたいなんですよ。後で聞いたら、今までの彼女とのときも必ず舐めてたって。でも私は抵抗があったのでやめて欲しいってお願いしたら、やめてくれました」

聞き分けのいい彼氏で良かったですね。好きだとはいえ、やっぱりちょっとザラザラしてたらどうしよう……とか不安になっちゃいますよね。

2:パンツを口の中に……!?

「付き合い始めてから、“ちょっとMなんだ”みたいな軽い話はしてて、彼も“俺はちょっとSだから、じゃあエッチの時は攻めてもいいね?”みたいに言ってたんで、覚悟は一応できてたつもりだったんですけど」(Fさん/30歳)

ーー予想以上でしたか?

「予想以上っていうか、想像の範囲を超えてて……。彼がベッドに押し倒してくるくらいは想像してた通りだったから、ちょっと強引っぽくていいなって思ってたんですけど、そのあと彼が私の下着を脱がして、それをいきなり口の中に入れてきたんです」

ーーそれは予想しないですね。

「ですよね。AVとかの観過ぎなんですかね。ちょっと乱暴に犯してるっていう状況が好きだったみたいなんですけど、私は口の中に下着とか考えられなくて。結局“それは無理!”って素になって言っちゃって、ちょっと白けましたけど普通にエッチすることになりました」

パンツを口の中にって……。あなたならどうしますか? いくら自分のモノとはいえ、かなり抵抗があるという人がほとんどではないでしょうか。

3:「もっとぉ、もっとぉ!」

「私が一番冷めたのは、彼が“もっとぉ、もっとぉ”ってすごい喘ぎ声をあげたときですかね(笑)」(Dさん/27歳)

ーーそれってどういう状況ですか?

「最初は普通にエッチしてたんですよ。本当に普通で、正常位でやってて、途中から上に乗ってほしいって言われて騎乗位になったんですけど、そこから彼が喘ぎ始めちゃって」

ーー気持ちよかったんですかね?

「そうなんだと思います。でも今までそんなに男の人が声を出すのって聞いたことなくて、冷めるというかちょっと可笑しくなっちゃって笑っちゃいました」

男性って喘ぎ声を出すのは恥ずかしいと考えて、我慢する人が多いです。この彼氏は素直だったと言えば素直だったのでしょうが、あまりに喘ぎすぎてると、やっぱり冷めちゃいますよね。

エッチの最中に、「もうやってらんない!」と思ったことってありますか? 大好きな相手とのことなら大抵は耐えられるハズですが、ムードが一度壊れると修復には時間と愛情を必要とします。

彼との初エッチの時には、考えもしなかった彼のエッチの癖に出会ってしまう可能性があるので、十分すぎるくらいの覚悟を持っておいた方が良さそうですね!

Source: メンジョイ